赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

つるしこ@渋谷

冷麺ダイニング

つるしこ
☆☆☆☆.1(渋谷・代官山)
濃厚つけ冷麺1100円

Smoothy Chewy

濃厚つけ冷麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた国産小麦粉と馬鈴薯澱粉をブレンドしたオリジナル生麺で、半透明な黄色が食欲を導き立てる様にやっとこエコ箸に絡み(正直、エコ箸ではこの麺は掴み辛いので、割り箸希望です)店名通りの「ツルシコ」が喉元を優雅に流れ落ち喉ごしを楽しませてくれます(麺量:茹で前200gで腹6.5分目といったところで、ランチタイムは小ごはんサービスがあり腹7.5分目迄膨らみました)。
つけ汁は辛味とオイリー感と酸味が無い粘度アリな担々風味の辛味の無い「牛・豆乳・野菜」をブレンドした盛岡冷麵風で、無化調な優しさに「大豆」の旨味が凝縮されたつけ汁にまとめられています。

具はメンマは無く、モチモチ感のある鶏ムネ肉叉焼1枚とスライサーで綺麗に削ぎ落され巻き巻きになった胡瓜2枚と人参数枚とサッと茹でられた?南瓜と薩摩芋とズッキーニ各1枚と茹で玉子半分と白胡麻が麺の上に幻想的に飾られ、青葱と大豆で作った肉風そぼろがつけ汁に沈んでいます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルシコ麺に大豆そぼろが接着剤となりつけ汁を持ち上げジュルジュルっと普段と違う馬鈴薯雑じりのツルシコ麺を美味しく啜りました。
スープ割は提供が無いみたいでブーメラン方式に茹で湯を注いでもらい、金属製の銀色の蓮華で大豆肉と共に戴きましたが、しっくりこないのでランチサービスの追飯(塩昆布付)を投入し「おじや」にして大豆肉と共に美味しくお腹を満たしました。
お店は仕事で毎日のように通っている明治通り沿いに佇んでいますが、何せ駅から遠いので認知度が低く目立たないので、並びの行列店のカレー屋さんとコラボでもしないと価格設定も強気なので存続が危ぶまれます。 

盛岡冷麵はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8948934.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11661339c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
赤とんぼ@西新宿五丁目
希家@上板橋
大番くっく@上板橋
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 29 354906
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト