赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

俺流@渋谷

俺流(オレリュウ)
塩らーめん 渋谷三丁目店
☆☆☆☆.3(渋谷)
俺流つけ麺780円

One's own way SHIBUYA3chome

俺流つけ麺(こってり・中盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大黒屋製麺所製で、少し硬めに茹でられ且つかなりのウェーブのかかった麵ですが力強く啜るとそのウェーブが喉元を刺激して喉ごしが十分楽しめる麺です(麺量:茹で前270g位で腹7.5分目といったところで、並盛〜大盛360g迄同一価格です)。つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度が超微アリな白濁した塩味で、大量の鶏ガラと豚のゲンコツと葱を圧力寸胴鍋で短時間煮込んでも臭みの無い旨味と甘味が醸し出す上品な塩味なつけ汁にまとめられています(一部、HP参照)。

具は青椒肉絲に使用さてもおかしくない細メンマ10本位とつけ汁に投入すると蘇生する巻き巻きバラ叉焼1枚とほうれん草と細短冊切り長葱と柚子皮が麺の上に綺麗に立体的に盛られ、青葱と白胡麻がつけ汁の表面に軽く浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺に白濁したつけ汁が薄っすら絡みウェーブに負けずにズズ・ズズズっズズズっと軽快に啜ることができました。
途中、指南書に従いまずは「岩のり」を4掴み投入してみると、白濁したつけ汁に真っ黒い氷山が浮かび滑らかな岩のりのヌルヌル感を麺に纏わせ啜り、続いて「とろろこんぶ」をくっ付いたままの大量1掴み投入してみると、昆布の塩気が乗り移りネバネバ感も纏わせ啜れ、続いて「俺流マーニンニク」を大匙1つ程を麺に絡めてから浸してみると、味噌にシンクロした大蒜が途轍もないパワーを加え(こってり塩味も崩壊させ?)思ってもいなかった味変ができました。
スープ割はお願いすると和風情緒たっぷりな別碗に弱火でじっくり煮込んだ方の優しいスープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で岩のりやとろろこんぶやマーニンニクで色々分離して見かけが非常に悪くなってしまったスープ割を美味しく戴きました。
お店は毎日数回は店前を通り過ぎるオフィスから2番目に近いラーメン屋さんですが、オープンして約11ヶ月してからやっとのことで伺うことができました(道玄坂上の本店と東急本店前の餃子楼に伺っているので)。

各種味変アイテムはこちら⇨  http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9061152.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11712986c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ゆで太郎@池袋
萬馬軒@新宿
Toshu@板橋区役所前
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 14 359993
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト