赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

かいどう@渋谷

SYOKUDOH
かいどう
☆☆☆.8(渋谷)
味噌担ざる790円

Sea Wisteria

味噌担ざる戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに尖りがあるラーメンやタンメン等の麺類と同じ麺で、細麺なので当然の如く喉ごし良く啜り易く、尚且つくっ付き防止に軽く何かの油が和えてあるのがいいですね(麺量:茹で前240g位で細麺なので膨張率が低く腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味微アリな粘度弱アリな赤茶濁したメニュー名通りの味噌担々味で、魚介や豚骨等の出汁感は無い担々でもピーナッツクリーム風ではない辛味控えめなピリ辛味噌味風なつけ汁にまとめられています。
具はメンマや叉焼は無く「ざる」の意味の刻海苔と茹でモヤシが麺の上に化粧され、豚ミンチと小さく賽の目切りされた竹の子と椎茸に青葱と白胡麻がつけ汁に隠されています。
麺をつけ汁に底引き網の様に浸して戴いてみると、豚ミンチや青葱や竹の子を絡めて取りズズ・ズズ・ズズズっと軽快に具沢山で啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でまだまだ底に隠れている豚ミンチや椎茸を掬いながら美味しく戴きました。

少し前に戴いたタンメンは、思った以上にタンメン独特のスープの旨味成分が濃くなくアッサリ味で、麺はモチっとした食感がスープを絡めいい具合に啜れました。
具はキャベツ・モヤシ・ニラ・ニンジン・豚小間肉(キクラゲは入っていない)で、たまに見かける「福しん」のタンメン490円に軍配が上がりました。
お店は30年前にアルバイト(求人雑誌のR社)していたカコー桜丘ビルの半地下に佇んでいて、隣の一風堂(雑貨屋)と共にこの地区を支えてきた歴史が垣間見えました。

タンメンの麵の表情はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9120706.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11738931c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
君塚@池袋
ジョン@武蔵関
みた葉@新宿
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 15 361596
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト