赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

巧徳林@香港

巧徳林 上海素食(Kiug Tak Lam)
☆☆☆☆.0(香港)
上海冷麺H$108(サービス料・お茶と水は別途料金)
Seven’s dipping noodles

上海冷麺(7種つけ麺<勝手に名付け>)戴きました。

麺は角極細ウェーブのエッジに尖りがある最初の食感がパツパツ&ボソッとしたイメージの麺で、色んなつけ汁?で試しているうちに意外にもお口と喉ごしが爽やかになり美味しく啜れる麺です(麺量:茹で前400g位で二人でシェアして正解の量でした<事前確認で1人では食べきれないと思い同行者と共に…>)。
つけ汁?は無化調の黒いの3種(Japaneseソイソースに似た物・甜麵醬に似た物・微かな酸味のある物)と赤いの2種(拉油・何か分からい物)とピーナッツバター似1種とナッツ類を砕いた物1種の7種が小さい陶器製の白い蓮華がそれぞれに付いて提供されていて、見ている分にはカラフルで楽しいです。

具はメンマは無く、確り根切りされたモヤシ10本位と短冊切されたピーマンみたいな緑色した茹野菜10本位と一見するとキクラゲかと思われた正体不明な野菜が別皿提供されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、Japaneseソイソース似に浸してみましたが意外にも日本人にも合う味わいでパキツルっと啜れました。
1枚目の画像だけ見てみると「7種のつけ麺」って感じですが、実際は麺を別皿に必要なだけ取分け7種のソースをお好みで合わせて戴く「和え麺・混ぜ麺」の部類に属してしまいそうな一品でしたが、きちんと浸して戴いた実績も含めて香港の麺料理をご紹介させていただきました。
お店は、ビクトリア・ハーバーを眼下に素晴らしく展望できるビルの商業ビルの7Fに佇んでいて、メニューはベジタリアン中華料理と謳っていますが老若男女が楽しめる前菜から一品料理・麺料理・ご飯物の他に天津なども揃っているジャスミン茶が無料だと思ってガブガブ飲んでしまった綺麗なお店でした。

各種つけ汁の名前はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9195337.html





つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11777889c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
霧笛@上板橋
うま家@高田馬場
冬馬@志村坂上
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 31 363005
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト