赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

竹むら@目黒

中華そば
竹むら(タケムラ)
☆☆☆☆.1(目黒) 
つけ麺800円

Bamboo Village

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた菅野製麺の熟成多加水麺で、気持ち硬茹でされているので思ったよりもツルモチ感は感じられずボサボサ感が喉元に残る色白麺です(麺量:茹で前250gでお腹一杯で少し残してしまいました)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな大山丸鶏と水に拘った清湯醤油味で、πウォーターという水と昆布と椎茸出汁を隠し味に配合した魚介系が響かない醤油味に仕上がっています。

具は材木太メンマ2本と低温調理されたレア肩ロース叉焼2枚と赤字で「の」の字が記されたナルト1枚が麺の上を半分覆い、切り落とし叉焼5個位と青葱がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺にシャバ系つけ汁が軽く絡み青葱と共にジュル・ジュルジュルっと啜れました。
スープ割はカウンター上に魚介系出汁スープが入ったポットが準備され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で切り落とし叉焼と青葱を掬いながら大山丸鶏の旨味を楽しみました。
お店は目黒駅から目黒川へ下る目黒通りのアーケードのある飲食店街の一角に佇んでいて、ラーメン店が鎬(しのぎ)を削る激戦地帯で頑張っています。




つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11798794c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いとう@渋谷

牛骨ラーメン
いとう
☆☆☆.9(渋谷)
焦がし味噌つけ麺900円

Mr.ITO

焦がし味噌つけ麺+味玉(サービス)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麺製で、心なしか短めで色白なススっと数回啜ると喉元へ落ちて行ってしまう啜り甲斐の寂しいけど旨味のある麺です(麺量:茹で前175g位で腹6.5分目といったところです)。
つけ汁はつけ汁碗ではなく熱々に熱せられた鉄鍋にグツグツと煮えたぎった酸味と辛味が無いオイリー感微アリな粘度アリな牛骨と九州麦味噌を合わせた濃厚甘口味噌味で、牛骨の甘さと麦味噌の甘さでギトギトかと思いきや互いの主張を思いやる濃厚の中に旨味が凝縮された白味噌仕立てにまとめられています。

具はメンマと叉焼は無く、豚の背脂を大きくした様な牛脂と笹切り長葱と焦げ目の入った玉葱がグツグツつけ汁に浮遊し、水菜とナルト1枚と波線状の包丁でカットされたサービス味玉が麺の上に並べられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、色白麺に白味噌仕立てのつけ汁が絡み「白」対「白」に半透明した牛脂も絡みズ・ズズズっと短く美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に牛骨スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華で牛脂を掬いながら関東では珍しい麦味噌を感じながら美味しく戴けました。
お店は幾度か伺ったことがある渋谷宇田川町のラーメンビル(渋ビルヂング)の3Fに佇んでいて、ビル内の階段から吹き上げる「風」が寒い時期にはとても気になる心温まる牛骨つけ麺でした。

ちょっとした薀蓄はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9235708.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11797709c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

来味@板橋区役所前

中華そば
来味(ライミ)板橋店 
☆☆☆☆.1(板橋区役所前)
つけ麺700円

Next Taste ITABASHI 

つけ麺戴きました。

麺は角細ストレートのエッジに尖りがある新潟から直送されている自家製麵で、パツパツ感のある博多ラーメンの極細麺とは違いしっとり感のある低加水の最近流行りの「昆布水つけ麺」あたりに使用されてもいい感じの喉ごしのパフォーマンスが発揮される麺です(麺量:茹で前300g位で膨張率が低くても腹9分目といったところで、大盛は20円増しなんて自家製麵だからこそできる仕業です)。
つけ汁は酸味と粘度が無い辛味とオイリー感が微アリな一見すると塩味と間違ってしまう位の琥珀色した淡麗煮干し白醤油味で、煮干しといってもセメント色したギトギトの鰯煮干しと違い低温でゆっくりと煮出したであろう?煮干しの上品な甘味をも感じられる奥深い少しピリ辛で豚骨をブレンドしたつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ10数本と薄切りバラ叉焼2枚と大量の微塵長葱と海苔2枚が麺を覆うように盛られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁がストレートの細麺に確り絡みズル・ズルズルっとテンポよく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に煮干しスープが注がれ、プラスティック製の白い蓮華で微塵長葱と千切った海苔を掬いながら美味しく戴きました。
お店は板橋区役所前駅から王子新道を下って行った住宅街にポツンと佇んでいて、自家製ながらの麺量もありCPもよく、他の方が注文したセットメニューで好評の中華鍋で炒められる炒飯も香りよくそそられました。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9232225.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11795940c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いし井@高田馬場

麺匠
いし井(イシイ) 
☆☆☆☆.3(高田馬場)
濃厚つけ麺850円

Stone Well 

濃厚つけ麺(木曜限定)戴きました。

麺は角中細ストレートのエッジに尖りがある手櫛で綺麗に纏められた食欲を注がれる麺で、中細のわりにモチツル感がある斑点は見受けられませんが全粒粉入りの栄養価の高いシャバ系のノスタルジック調で戴いても美味しそうな秀逸な麺です(麺量:茹で前250gで腹7.5分目といったところで麺大盛とランチタイムにはライスもサービスです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度ドロドロアリアリな一見濃厚豚骨魚介に部類する「また、オマ」系ですが、「あご(飛魚)」の「鯖」や「鰹」や「鰯」とは違った上品なあご出汁が十二分に薫るさすが長崎県平戸産の「あご」を使用した気品ある香り高き濃厚なつけ汁にまとめられています。

具は無添加メンマ5・6本とほぐしバラ叉焼沢山とW葱(青葱・微塵玉葱)と柚子皮とあご魚粉が粘度ドロドロのつけ汁の上に並べられ、麺の上に申し訳程度の刻海苔が化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁が中細ストレート麺に絡みまくり汁跳ねに注意しながらあご出汁の濃厚感を感じながら美味しくジュル・ジュルジュルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式にあご出汁スープが注がれ、プラスティック製の赤茶色した蓮華で微塵玉葱やほぐし叉焼を掬いながら美味しく戴きました。
お店は高田馬場の栄通りから1本入った専門学校が立ち並ぶ目白通りに抜ける路地に佇んでいて、大盛やライスのサービスは勿論のこと学割サービスまであり高田馬場での営業のやり方が垣間見えました。

素材の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9230500.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11794965c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

福や@池袋

らぁめん
福や(フクヤ)
☆☆☆.9(池袋・鬼子母神前)
辛しネギつけ麺700円

Good fortune Shop

辛しネギつけ麺(半ライス)戴きました。

麺は平打中細ウェーブのエッジに丸みを帯びたサッポロ製麺製で、表面ツルっとした麺肌が色白な啜り易い喉ごしも楽しめる麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところで、ランチタイムには半ライスとオマケもサービスで腹9分目迄膨らみます)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな豚骨醤油味で、カエシよりも豚骨が主張するも臭みは無く豚の甘味が感じられる優しいつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、豆板醬で和えられた白髪葱と肉味噌と胡瓜とワカメが麺の上にドッシリと鎮座し、薬味長葱がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁が平打麺の表面にサラッと絡みツルツルっと喉ごしが楽しめました。
辛しネギは麺に和え戴いてみると、頭皮から額から汗が吹き出し辛辛で戴き、和えた麺をつけ汁に浸しても辛辛はひたすら続きました。
スープ割はブーメラン方式に臭みの無い豚骨スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で温かさを取り戻したスープ割を辛辛戴きました。
半ライスには辛しネギを胡瓜とワカメと共に乗せ戴き、割スープでおじや風にして戴きましたが、こちらも辛辛で汗が滴れ落ちてきました。
お店はおばちゃん2人で営んでいて、半ライスにオマケの煮物(里芋・人参)まで付けてくれてサービス満点でした。

オマケはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9228972.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11794072c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秀山@新宿

新宿
秀山(シュウザン)
☆☆☆.7(新宿)
中華つけ麺750円

Excellent Mountain

中華つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた菅野製麵社製で、表面と食感がツルシコタイプの多加水麺で啜り心地と喉ごしは十二分に楽しめますが、麺量がつけ麺の割に寂しいのが玉に瑕といった感じの麺です(麺量:茹で前160g位で腹6分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感の無い辛味と粘度が微アリなライトな担々味で、つけ麺にしても歪みのないお店自慢の担々麵仕様の奥深い辣油風味のしない隠し味的なピリ辛な芝麻醬の風味が味わえるつけ汁に仕上がっています。

具は水煮メンマ5本と薄切り巻き巻きバラ叉焼1枚と小松菜と輪葱が麺を囲むように盛られ、鶏ミンチとクラッシュアーモンドと白胡麻が軽くつけ汁に潜んでいます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルシコの麺肌にアーモンドと鶏ミンチと共につけ汁が軽く絡みツル・ツルツルっとテンポよく啜れました。
スープ割はつけ汁碗と同じ碗に熱々清湯スープが提供され自分好みに調整でき、金属製の銀色の蓮華でピーナッツや鶏ミンチを掬いながら美味しく戴きました。
お店はフカヒレと担々麵が自慢だそうで、伺った日曜日には平日ランチ限定の中華つけ麺はメニューにありませんでしたが店員さんの粋な計らいで作って戴きありがたく戴き、メニューを見ると「フカヒレつけ麺」なる気になる高額商品があり、もっと稼いでからまた伺おうと心の中で誓いをした次第です。

フカヒレメニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9227473.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11793051c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

よしかわ@西台

寿製麵
よしかわ 西台駅前店
☆☆☆☆.5(西台)
濃厚ぶりつけそば900円

Good River NISHIDAI 

濃厚ぶりつけそば戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある自家製麵で、北海道産小麦はるゆたか100%使用の見た目には日本蕎麦にしか見えない出で立ちの喉ごしも楽しめる中華麺とはひと味違った小麦の風味が直に楽しめる麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな生の国産ブリを使用した大人の生臭みが楽しめるブリと煮干し味で、本当はもっと生ブリの生臭さが全面に出てしまう程のブリの鮮度良さを大量の粗微塵玉葱が調和してくれている大人の為のつけ汁に仕上がっています。

具は筍とメンマの中間位の歯応えがするメンマ4本とレア感抜群な薄切り豚肩ロース叉焼2枚と鶏ムネ肉叉焼1枚と雲丹トゲ刻み海苔が麺の裾野から頂上にかけ乗せられ、塩・柚子皮・山葵・酢橘・三つ葉の薬味五種類が麺皿に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴く前にまず塩をまぶして戴いてみると、はるゆたか100%の風味が塩によって際立ち麺自体の旨味が確かめられました。
そして、つけ汁に浸して戴いてみると、平打ち麺に粗微塵玉葱と共につけ汁が絡みズル・ズルズルズルっとテンポよく美味しく啜れました。
途中、柚子皮や三つ葉をつけ汁に加えたり山葵を麺に乗せて戴いたりと刻海苔以外にも様々な香りが楽しめ生ブリの生臭さを消してくれました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ更にレア叉焼の端っこが大量に投入され、陶器製の白い蓮華で粗微塵玉葱と共に大量のレア叉焼を掬いながら美味しく戴けました(このスープ割だけでも1品料理になりそう)。
店内は席間もありゆったりとした食事が楽しめ、お店自体は川越方面に数店舗展開しているらしく東京初進出ださそうで、11時オープン前から数名が列を形成していました。

スープ割の中身はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9225865.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11792232c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鶏の穴@池袋

らーめん つけめん
鶏の穴(トリノアナ)
☆☆☆.9(池袋)
つけ麺750円

Bird's Hole 

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたツルシコ麺で、表面がツルっとしているのでつけ汁の乗りはあまりよくありませんが喉ごし的には啜り心地が楽しめる気持ち短めな麺です(麺量:茹で後?200gで腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな丸鶏の旨味が凝縮された優しい鶏白湯で、モミジや鶏ガラなど鶏のあらゆる部位がまとまった美味しく野菜の甘味も感じられる濃厚感が薄い万人受けするつけ汁に仕上がっています。

具は材木太メンマ3本と皮付き鶏もも肉叉焼の切り落とし4・5個と鶏そぼろとW葱(微塵切長葱・青葱)がつけ汁に忍ばされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルっとした麺肌に微塵切長葱と青葱共につけ汁が軽く絡みツル・ツル・ツルっとテンポよく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に鶏出汁スープが注がれ、プラスティック製の白い蓮華で満ち満ちに注がれたスープ割を鶏そぼろを探しながらつけ汁碗の半分程まで美味しく戴けました。
お店には以前伺った事がありましたが、いつ伺ったか記憶が無くその時に撮った写真をもとに調べてみると約10年前につけ麺を戴いていて、その時も本日と同じ750円でして10年の歳月が経った今も値上げせず池袋という激戦地区で営んでおられるのは立派です。

10年前のつけ麺はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/370416.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11791035c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

生姜は文化。@巣鴨

らぁめん
生姜は文化。(ショウガハブンカ)
☆☆☆☆.3(巣鴨)
つけ麺(塩)850円

Ginger is culture.

つけ麺(塩)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがあるピロピロ麺で、5種類の国産小麦をブレンドした所々に斑点が見受けられる栄養価の優れている全粒粉入りの啜り心地も有意義に楽しめるつけ麺にはもってこいの良い麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな優しい高知県産生姜と豚と鯖と鰹の清湯スープにアンゼスとモンゴル産の岩塩と昆布の塩ダレを合わせた塩味で、生姜は1杯に5g以上しているらしく生姜と岩塩と昆布などの風味が清湯スープとシンクロして美味しいつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、大振り巻き巻きバラ叉焼1枚とほぐした沢山のバラ叉焼とホウレン草と長葱と桃色が綺麗なお手玉模様のお餅1個がつけ汁に押し込められ、小さい海苔1枚と鰹ジュレが横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打ち麺にほぐし叉焼やホウレン草や長葱と共につけ汁が絡みズル・ズル・ズルズルっとテンポよく美味しく啜れました。
途中、鰹ジュレを麺に絡めて戴いたり、絡めた麺をつけ汁に浸したりして戴いてみましたが、それほど強烈な味変はならず軽くつけ汁に鰹出汁が加わった感じでした。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスティック製の白い蓮華で残ったほぐし叉焼やホウレン草と共に美味しく戴けました。
お店は塩生姜らー麺のMANNISH(神田)と塩そばの桑ばら(池袋)のいいとこどりした姉妹店だそうで、先日もTVで取材されていましたが、店頭に貼ってある面白いポスターを見ながら平日の11時過ぎではまだ並ばずに余裕で座れました。

面白いポスターはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9222803.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11790586c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大番くっく@上板橋

東京ラーメン
大番くっく
☆☆☆.8(上板橋)
つけ麺550円

Big Pair Cook 7 

約9か月ぶりに伺い、つけ麺戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに尖りのある大番グループのセンターキッチンで製造されたおそらく自家製麺で、今回はヌメリが残こった麺が喉ごしを楽しませてくれて「つけ麺」難民を救ってくれます(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな優しいうっすら東京豚骨醤油で、今回は豚骨よりもカエシが強めなつけ汁に仕上がっています。

具は硬めなメンマ7・8本と4枚にカットされた肩ロース叉焼1枚分とモヤシとワカメと長葱がつけ汁の中にギュウギュウにいつも通り押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、カエシ強めなシャバ系つけ汁がサラッと絡みツルツルっと喉ごしを楽しみました。
スープ割は配膳時にピカピカな小さい銀色ヤカンに少し半白濁した臭みの無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で温かさを取り戻したスープ割を美味しく戴きました。
いつもながらあっさり軽く戴け空腹を満たしてくれました。
店内は家族連れやお一人様の初老の男女が抹茶ハイなど1杯飲りながらカウンター内のママさんと談笑していました。

ピカピカな小さいヤカンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9220309.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11789203c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 5 364846
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト